So-net無料ブログ作成
検索選択

ベトナム 2010年のCPI(消費者物価指数)を発表 [ベトナム関連ニュース]



ベトナムでは慢性的にインフレの脅威にされされており、
ベトナム政府も封じ込めに躍起ですが、


2010年は結局、

 ホーチミン市 +9.58%
 ハノイ市   +9.56%

となりました。


原因は災害などによる原材料の供給不足や
運輸コストの高止まり、ドンがドル対し弱くなったことによる
輸入品価格の上昇などがあります。


特に通貨の問題は深刻で、
2010年、ドルは7.44%上昇、金においては37.02%も上昇しています。


そりゃ、ドンが弱くなりますよね・・・








出会いの掲示板 ベトナム株式投資ニュース トップに戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。